白髪染めの口コミからわかる髪を傷めない白髪染め

利尻ヘアカラートリートメント

100%天然ヘナケア

女性の白髪

女性に限ったことではありませんが、
加齢により白髪が増えるということは、
少なからずあるようです。

 
加齢により色素細胞が衰えてしまうんですね。
 
前にも書きましたが、これは個人差があるようです。
 
女性は年齢とともに体の働きが変わってきます。
 
更年期を迎えるころになると、白髪が増えてくる人が多
いようです。
 
どの原因を考えても人それぞれ程度は違いますが、


気になる人は白髪染めなどをしてみてはどうでしょうか。

 


>> 最近、話題の無添加白髪染めはコチラ

 


市販の安価な白髪染めは、毛根の部分にまで浸透しますから、
毛根を傷める場合がありますから注意が必要です。

 
毛根を傷めると、色素細胞の働きも衰えます。
 
後から余計に白髪が増えてしまうということになります。
 
まるでイタチごっこですね。
 
髪と頭皮にやさしい白髪染めを使って下さい。



>> 最近、話題の無添加白髪染めはコチラ

 


色素細胞の働きをよくするために、
育毛剤を使用するのも一つの手段です。

 
現時点では決定的なものはないのですが…。
 


>>女性におすすめの育毛剤

 
 
 

白髪の原因



白髪の原因って考えたことありますか?

年齢でしょうか?

加齢によって白髪…。

しかし同じ年齢でも黒髪の人もいれば、真っ白な人もいます。

部分的に…、という人もいるでしょう。

個人差がかなり大きいように思えます。


髪の毛の黒色は、メラノサイトという細胞がメラニン色素を生成して、

それが黒く見えるというものです。

白髪は、メラニン色素が生成されない状態といえます。


メラノサイトの働きが悪い=メラニン色素が生成されない=白髪

ということになります。



⇒白髪の原因=メラノサイトの働きが悪い原因




遺伝という考え方はどうでしょうか?

髪の毛は遺伝の影響を受けやすいと言われますね。

白髪の他に薄毛が遺伝するかという話もよく聞きます。

余談ですが、昔から白髪になるとはげないと言われていました。

私は全部が全部そうだとはは思いません。


メラノサイトの働きは、最初に上げた年齢とも関わりが深いようです。

メラノサイトは年齢とともに働きが悪くなってきます。

高齢者に白髪が多いのはこのためです。


次に考えられるのはストレスです。

極端なストレスで髪の毛が真っ白になってしまったという話はよく聞きますね。

この場合は、ストレスを取り除いてやることで改善しそうです。

バイト求人

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。